コメント一覧

  • hadsn 2022-06-21 at 07:51 on BMC-100 1983年7月「ベータムービー」,『テレビジョン学会技術報告』 7(41)にもありますが、VHS-Cとは違い2ヘッドのままドラム径を小さくしたため、 VTR部は標準信号の入力をサポートしておりません。これに伴いカメラ部も特殊信号を出力するため、スルー画の出力端子がないのかと https://www.jstage.jst.go.jp/article/tvtr/7/14/7_KJ00001964605/_article/-char/ja
  • 金太郎 ニックネーム 2022-06-11 at 10:05 on CRF-V21 1989年4月記事、拝見しました SONYの造形美に見せられた1人です 特にCRFシリーズの320.330Kに魅了され CRF-V21.ICF-6800.6700.2001D.5600を所有し SONYの造形美を伝える責任として メンテナンスを続けております CRF-V21は200台製造されたとのことで 現存し使用できるものはどのくらいか不明です 私の所有しているものはオリジナルのアンテナ ではありませんがなく完動品として使ってます 長文になり失礼しました 今後も情報発信応援してます
  • アナログカセット信者 2022-06-08 at 00:25 on カセットデッキ 1980年4月 TC-K75で登場したS&Fヘッドの"S"は磁性体センダストの略号で、ウィキペディアによると「1932年に、東北大学金属材料研究所の増本量らが発明した。合金の名称は仙台(Sendai)で発明されたこと、および圧粉磁心(Dust Core)用材料として用いられたことが由来である[2]。事業化するために、東北金属工業株式会社(現・トーキン)が設立されている。飽和磁束密度・透磁率が高く、鉄損が小さく、耐摩耗性に優れている。音響・映像機器用の磁気ヘッドなどに用いられる。」と説明されています。  40年も前の大学4年の時に、オープンレールデッキTC―6400(SONY)を使っていましたが、「オープンの音」という宣伝に惹かれて、バイト代と奨学金と貯金をはたいて初めて購入したのがこの「TC-K75」でした。
  • 菜来了 2022-06-05 at 15:35 on TCD-D100 2001年5月So you are a man or woman?
  • 胡桃 2022-06-04 at 23:25 on MDR-FM7 1980年10月これ、今でも持ってます。 ただ、イヤーパッドが加水分解?でボロボロなんですよね。 (泣) P.S. 海外仕様はヘッドバンドの形状が違うんですよね、これ。
  • うがが 2022-06-01 at 22:11 on Liberty CD 1983年2月初めまして、 昔のCMの音楽探してこれにたどり着きました。 https://www.youtube.com/watch?v=BQQH-VAroAQ 6:16秒あたりです。初代リバティーです。 このCM音楽のアーチストが知りたいです。
  • まゆしい 2022-05-27 at 17:39 on KV-34ST1 / KV-29ST1 1991年10月今は地デジ化してるから、外付けの地デジチューナーをビデオ1あたりに接続して使用してるのかな? 地デジ時代にブラウン管テレビが30年も現役なのが凄い。(@_@)
  • にんにき 2022-05-18 at 15:17 on SL-F1 / HVC-F1 / TT-F1 1981年7月使ってました。当時ポストプロで仕事をしており、デッキ部の軽さに感動しました。 ただ、新Uローディングが、枯れていない事と、用途がハンディでの持ち出しでの使用(結局荒っぽく使う)で、テープを巻込みワカメ事故が多発し、速攻でお蔵になった機材でした。デッキ部は軽いのですが、カメラは結局池上を使うので、売機能のレビューも使えませんし 困った機材でした。 何よりストラップ外れての落下事故が
  • GON-HK 2022-05-16 at 17:36 on ステレオカートリッジ 1985年11月型式の付け方について、以前「家電批評」という雑誌にソニーに関する特集記事があって、 それには「技術の集大成的なものには9ナンバー、革新的なものに1ナンバー」ということが。 ちょっと当てはめてみると、こういうことになるのでしょうか。 革新的なナンバー:1 本誌ではハンディカム・HDR-HC1と有機EL-TV・XEL-1を挙げていたが、 後者はともかく、前者がどうもしっくりこない。 じゃあ、自分なりに挙げてみると・・・ PCM1(PCMプロセッサー)、KX-xxHF1(モニター・初代プロフィール)、PCG-C1(VAIO C1) ただ、自分には原器の意味合いが強いような・・・それでいくと SCD-1(SACDプレーヤー)、PCM-D1(リニアPCMレコーダー)、Rシリーズの殆ど。 最近ならNW-WA1、ILCE-1(α1)ってところか? 集大成的な9ナンバー 本誌では9000番台の機種 EDV-9000とTA-DA9000ESを挙げてたが、 このカタログのXL-MC9もそうだし・・・当時を考えればエスプリ・900シリーズとか DSLR-A900(α900)とかもそうなるかなあ。
  • GON-HK 2022-05-15 at 16:38 on WM-D6C 取扱説明書確かに接続例のイラストが「何処かで見たような・・・自分が使っている(いた)機種?」ってなことになると 自分もちょっと嬉しい感がしますね。 本サイトにありますTCD-D100のカタログの最終ページに接続例のイラストがあるのですが、描かれている ポータブルCD・D-E01。手元にあったりします。(爆)
  • ソニー坊や 2022-05-14 at 21:06 on カセットデッキ 1983年11月海外版だとK444ESというのがあるようです。見た感じではK555ESのようですが。 オーメン、私も思いました(笑)。代わりにK601ESとかどうでしょうかね。 私はK555ESXにしましたが、ちょっと無理してでもK777ES(II)がよかったかな、と思ってしまいます。 555ESXも、革新的レイアウトでC/Pも良くて文句は無いはずなのですが、デザインがこなれていないためか、威厳、オーラが今一つ足りないんですよね・・・
  • GON-HK 2022-05-14 at 13:37 on KV-34ST1 / KV-29ST1 1991年10月え?!  実動時間はともかく、30年後も稼働中とは驚きです。
  • GON-HK 2022-05-14 at 11:55 on カセットデッキ 1983年11月K444の消失理由、やはり型番かと。縁起をかついで・・・って云うわけでしょうか? K666ESのデザインがAKAIっぽいというのは言い得て妙かな。 自分、この半年後に1式揃えることになるのですが、当初カセットデッキをどうするか迷いに迷いまして。 この頃って他社もかなり躍起になっていたのもあって本機を含めたESシリーズもさることながら、 前年にナカミチがDRAGONという(再生のみの対応ではあるが)3ヘッドリバース機を出したと いうのもあってか、各社3ヘッド機乱立。AKAI、Victorに至っては録再・3ヘッドでリバース機を。 (まあ、そのナカミチも出したけど)で、候補が数機種になってしまうことに。回すか回さないか、 (本シリース(無論、K777ESも候補に)、テクニクス・RS-B100、ナカミチ・ZX-7/9、Lo-D・D-9) 回すとしたらどっち?(ヘッド:AKAI・GX-R99、Victor・DD-V9 テープ:ナカミチ・RX-505) ええい、いっそのことDRAGON!・・・だと価格がねえ。(当時¥260,000でしたから。) 最終的にはK666ESということにしたのですが・・・ その後についてはD6C単品カタログのコメントに書いたとおりでして。 今考えてみるとその後の変遷を考えるとK777ESにすべきだったか?って思ったぐらい。 何せ「666は悪魔の番号」・・・って、映画「オーメン」かい!
  • ソニー坊や 2022-05-11 at 19:15 on KPX-7 / KPX-1 1982年10月かなりレアな商品ですよね、今、カセットプレーヤー自体が人気みたいなので貴重ですよ。このカタログに関心のある人はいないかなと思っていましたけれど、うれしいです。
  • 匿名 2022-05-09 at 11:44 on KPX-7 / KPX-1 1982年10月はじめまして KPX-1所有しています。かなり元気な音が出る上にデザイン的にも今ウケそうなポップさがあり、知名度に少し欠けるのが惜しいな〜と感じます
  • 匿名 2022-04-27 at 13:05 on KV-34ST1 / KV-29ST1 1991年10月職場で昼休憩時に今でも現役で稼働してます。
  • ソニー坊や 2022-04-15 at 06:22 on WM-D6C 取扱説明書取説のイラスト、面白いですよね。結構忠実に書かれていて、【他の機器と接続する】のコーナー?見ながら、あーこれはK777だ、買えんわとか、TVチューナーのST-79Aだな、いいな~とか言ってました。楽しかったですわ。
  • mirino 2022-04-14 at 12:14 on WM-D6C 取扱説明書取説、初めて拝見しました。 接続例のイラストが、私の使っていたTA-AX500になっていてちょっとうれしかったです(笑) D6やD6Cは当時高校生だった私にはとても買えませんでした。 D3が欲しかったのを覚えています。
  • 男…イカリャク 2022-04-12 at 21:43 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月パイオニアD-05=タスカムDA-20系(但しHS無し&脚が小さい) ※広義ではD-06&D-HS5も含む 本当に知らなかったのか? 以上
  • 男…(ry 2022-04-12 at 21:25 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月オタクの本文に『互換性』ってい~っぱい書いているじゃん笑 何だったらコピペしましょうか SBMのメリットは『互換性』。そもそもSBM処理はA/D変換直後に行うだけなので、再生機に関しては 特に問わない(←効果は薄い&DATの性能による) 逆にパイオニアのHSモードやタスカム(ティアック)のHRモードは自己録再を前提にしているので、『互換性』は無い。(つか、答えを自分で出しているの気付かないでやんのバカ) 『互換性』を取るか、向上できればいいと考えるか、それだけでしか無いかと思うが。(←い~え、物凄い差が有ります笑。HS聴いた事有るんですか?) シャーシの流用?共通化と云うべきかと。(←プレミアモデルにこういう事は普通しません。色々手間取ったっぽいがオタクには分からんだろうね笑)クルマだってそうでしょ。(←クルマとDATを一緒にするな!車くらい漢字で書け、クルマもこれで落ちぶれているが@クラウン笑) それとメカブロック関してパイオニアは自社製と謳っていたが(違います)本当にそうだったかどうかは何とも云えない。(←だから違うって!分からないのに何でそんなに偉そうなの笑)             (ry※文章のレベルが低い為 さて、『互換性』という言葉が4回も出てきて、しかも冒頭から「SBMのメリットは『互換性笑』」と推していますが、これは『互換性』に拘りがあるからこそ出てくるのではないでしょうか、『拘った覚えが無いが』とか言われても信用出来ませ~ん笑 後、音質で色々言っているのに(コピペに書いちゃったよ!)、編集で論点ずらしをするのはやめましょう、つかDSD録音で編集なんかしないし、第一DVD-Rに50KHzや45KHzが入る訳無いだろうが笑(わざと?) やっぱりWM-D6Cでおしゃぶりしてるのがお似合いだね笑 DTC-2000ES全盛期の時は全く見向きもされなかった機種だぞ(だって性能悪いし~)
  • GON-HK 2022-04-12 at 21:04 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月パイオニアのHSモードとタスカムのHRモードって違いがあるのだが。 パイオニア・HSモード:サンプリング周波数:96kHz、量子化ビット数:16ビット 但し、業務用(D-9601)に関しては別売だったプロセッサー・SP-AR1の同時使用により、 サンプリング周波数:96kHz、量子化ビット数:24ビットでの記録が可能。 ティアック・HRモード:サンプリング周波数:48kHz、量子化ビット数:24ビット コメントにあった「パイオニアのメカブロック=ティアックのストレージ仕様のもの」という 話がどこから出てきたのかということなんですよ。パイオニアのほうに関しては手元に資料が あるのだが、これには「自社開発のメカデッキ」と記載はしてある。ただパイオニアには ヘリカルスキャン記録に関するノウハウってあったかなあって思ったわけ。
  • 男…(省略で充分) 2022-04-12 at 19:53 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月お前で書いてるじゃん笑 『パイオニアのHSモードやタスカムの…(ry』 以上(これが答え、理解出来なかったらオタクできっちり調べる事) 後、日本語をきちんとおべんきょうする事 『X…それなりの回答は容易いのでしょうね!』 『正解…それなりの回答は出せますか?もしくは出していただけますか?』 容易いって何ですか笑(そもそも容易って言葉自体あまり使わない) 何か立憲民主党員と会話しているみたいで受けるな カルト尽くしだな(WM-D6Cのおしゃぶりで充分、DTC全般やPCM-D100を語るな)
  • GON-HK 2022-04-12 at 19:39 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月DSDファイルの編集に関してだが、コルグのAUDIOGATEなら一応可能か。 以前なら、VAIO R-masterに専用チップと専用のソフトの併用でDVD-Rにコピーする 方法はあったのだが・・・
  • GON-HK 2022-04-12 at 19:15 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月じゃあ逆に問うが、ティアックのOEMと「言い切る」その根拠は何処から? まあ、人のことを平気で無知だのと罵り、逆に自分をいかにも持ち上げるような 人ですから、それなりの回答は容易いのでしょうね!
  • GON-HK 2022-04-12 at 17:49 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月別に自分は互換性に拘った覚えは無いが、まあ拘る人もいるからね。 特に本機をマスターにしてパッケージメディア作成に関与する場合は。 DSDで収録した際、ネイティブでの編集が限られるというのもあるし。
  • 男… 2022-04-12 at 16:45 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月何でサンキョーが出てくるのかが意味不明(サンキョーはカセットだろ笑) しかも憶測だし パイオニアのメカデッキが何処かは本稿に書きました よく読むこと
  • 男前だけどね… 2022-04-12 at 16:35 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月PCM-D100でSBMを掛ける意味がわからない… 普通にDSDで録ればいいだけ笑 後、SBMとHS(今で言うハイレゾ)は全く違うぞ… SBMは理論ビット数(ATRACの程度良い版 あくまで理論) HSはモロ周波数特性(=聴感) お宅は互換性に拘りがあるみたいだが、それはユーザーの自己責任だぞ クソニー笑のデジタルフィルターは有って無い様な物だからな (ソニーの皮肉ではなく、お宅らの[たくあんたろうとKUROGOMU-HK]無知への皮肉)
  • カルトは失せろ 2022-04-12 at 15:40 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月元ユーザーなので辛烈に書いているのです(レジェンド機種も体験済) 貴方にとやかく言われる筋合いはありません 技術の無さは素人でも分かります(もしかして『カルト宗教?』)
  • GON-HK 2022-04-07 at 09:24 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月もう1つ書き忘れていた。 その「何がメリットだったかよく解らん(笑)」っていうSBMだが、 実はPCMレコーダーにもあるのだよ! しかも現行機種・PCM-D100にも! (https://www.sony.jp/ic-recorder/products/PCM-D100/feature_3.html) とやかく云う前に調べておくべきかと。 まあもっともPCM-D100自体2013年発売の機種なんだが・・・
  • GON-HK 2022-04-07 at 09:01 on WM-D6C / WM-DC2 1984年2月つい最近インプレスの家電WATCHのコーナー「わたしの思い出家電」(ん?)にWM-D6Cの話題が。 参考までに。 https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/readers/memories/1399832.html
  • GON-HK 2022-04-05 at 22:10 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月SBMのメリットは互換性。そもそもSBM処理はA/D変換直後に行うだけなので、再生機に関しては特に問わない。 逆にパイオニアのHSモードやタスカム(ティアック)のHRモードは自己録再を前提にしているので、互換性はない。 互換性を取るか、向上できればいいと考えるか、それだけでしか無いかと思うが。 シャシーの流用? 共通化と云うべきかと。 クルマだってそうでしょ。 それとメカブロックに関してパイオニアは自社製と謳っていたが、本当にそうだったかどうかは何とも云えない。 少なくとも回転ヘッド絡みのノウハウがあったとは思えないし、憶測ではあるが三協精機かアルプス電気に オーダーメイド依頼の可能性があるかと。ティアックはどうだろう? ただ、ティアックに関しては計測機器関連も扱っているので、そのあたりでの対応か?
  • 脚を引っ張る訳じゃないけど… 2022-04-04 at 02:00 on Super Metal Master 1993年9月このテープ(SMM)最高!! この時代のカセットデッキ(ESJ)、最低笑 但し、重量配分ではESJでもよし♪ 次のKAは重量配布では…? 結局、このテープを買わなかった(興味無いから笑) そしたらカセットデッキが死んでしまった@定番のモードベルト あ~勿体ね笑(一度、使いたかったな…でもバイアスダイヤル超プラスになりそう笑)
  • 男前だけどね… 2022-04-04 at 01:36 on DTC-2000ES Technology Now 1993年10月SBM…何がメリットだったよく分からん笑 この点ではパイオニアのHSの方が分かり易かったね@アナログ96KHZでの音が段違で違う笑 このDAT、はっきり言ってダサい@当時のカセットデッキのシャーシ流用555ESA笑 でも今は完全動作品が凄い値段がついているんだよね笑 ただ、クソニーはビデオも含めて回転ヘッドのメカデッキはダメ笑 パイオニアのメカデッキの方が上だね@ティアック★ストレージ用 残念ながら高いカネを叩いてまで今の時代に買う物では無い(変態以外は) 今はPCMレコーダーを買うのが絶対賢い@最近生産復活嬉 後、不良OH業者のは絶対買わない事@不適切OH北海道の信濃の業者feat創価(業務妨害ではありません本当の事です)
  • 購買意欲が沸かない 2022-04-04 at 00:57 on KV-34ST1 / KV-29ST1 1991年10月デザインがダサいけど、ST1の後の後のST91Sが最強(3次元Y/C分離回路&スカイポートデコーダー←今のスカイパーフェクTV) そこからはワイド化してもダサいモデルばかり(ベガ&ブラビア含む) ST1(25型のST50も含む)はやっぱりデザイン最高!! 機能&見栄ではBSプロフィールスターの方が上だけど(ドルサラ) キララの『シュミレートサラウンド』も負けてはいない(リアスピーカー不要 BSプロフィールは要) 当時最強のK222カセットデッキ(高音最強)と散々悪さしましたよ笑但しソニー製品内でのみ 今のソニーは保険系ばっかでつまらん(そういう会社なんだね笑) 保険系でいい商品なんか出来る訳無いしな大笑 挙げ句の果てにイギリスのオーディオに負ける始末(ケンブリッジオーディオ) 色々銀座の自社ビル跡地でやっているが全然興味が沸かん(別世界&ポリコレ笑) 日本の朝鮮マスゴミテレビ局と一緒で全く血が通っていない&信念が全く無い 自社の看板商品が供給出来ないって有り得ないでしょ笑プレステ5←転売対策含めて 唯一信念有りそうな商品を買ったが何故か使う気にならない@転売した方が儲かりそうだから笑 今のソニーの品物ってそんな物なの?
  • まゆしい 2022-03-30 at 00:39 on KV-34ST1 / KV-29ST1 1991年10月このテレビ、ダブルデコーダー端子って書いてあるけど、これは当時出てたBS内蔵ビデオデッキが[BSアンテナ入力][検波出力][ビットストリーム出力][BSリターン入力]しか無くて、これだとビデオデッキを使わないとWOWOWチャンネルが見れないから その対策でダブルデコーダー端子があるんですね。 まあ結局2~3年後に出たBSビデオデッキ側にダブルデコーダ端子が付いてしまい、テレビ側からダブルデコーダ端子は消えましたけど・・・。(^o^;
  • GON-HK 2022-03-18 at 09:16 on CCD-V900 / EV-S900 1989年10月パネル高かあ・・・自分は10cmかな。(一部例外はあるが)何となくどんな機器でもしっくりくる高さな感が。 パネルの色味というか仕上げまで及ぶけれど、本機種のようなガンメタリックいいですね。しかも梨地仕上げ (表面が鏡面仕上げのように光沢があるのではなく、梨の表面みたいに細かい粒々状の処理が施されているもの) なら尚のこと。
  • ソニー坊や 2022-03-04 at 21:19 on Liberty 1981年10月ほんと、この初代リバティは高級感ありありでした。当時同級生が買ってもらって、それを見せてもらいました。PB5、私も買ってもらいましたよ。同じですね。録音側が良くても再生側が低性能なラジカセだったら意味がなくなっちゃいますから、やっぱ欲しいですよね(笑)
  • ソニー坊や 2022-03-04 at 21:14 on カセットデッキ 1980年4月教育機関にもソニーは強かったかもしれませんね、私の小学校もビデオ教材用にトリニトロン&ベータマックスJ5、音楽室の音響機器、体育館のワイヤレスマイクシステムもソニー一色でした。確かにウォークマンPROはうらやましいです。デンスケはいかにも「録音してますよ!」って感じですね。
  • やまねこ 2022-03-03 at 02:14 on Liberty 1981年10月中学3年のときに親に買ってもらった思い出のコンポです。 しかもグライコつきのType-1にレコードプレーヤ、カセットデッキはDolby-Cが欲しくてTC-FX66に替え、ダビング用にTC-PB5も買ってもらいました。今思うとひどいドラ息子です。 大学生の時にバイトして「レベッカのリバティ」LBT-V715に買い替えたんですが、作りは安っぽいし筐体は軽くてスッカスカ、かなりガッカリしたのを憶えています。
  • やまねこ 2022-03-03 at 02:04 on カセットデッキ 1980年4月TC-3000SD、高校の放送部の備品にありました。 かなり重くて、近くの女子高が当時出たばかりのウォークマンプロ使ってるのを見て羨ましかったですね。 顧問の先生の趣味なのか、機材はほとんどSONYでした。
  • GON-HK 2022-02-26 at 17:37 on Super Metal Master 1993年9月コメントの件に関してHF-PROの1984/10版及び、HF-ESの1986/5版を参照願います。
  • SUI 2022-02-22 at 14:14 on Super Metal Master 1993年9月こんにちは、2代目のHF-Proのパンフレットを入手できますか。手元には2本があり、関連の紹介資料が欲しいです。 よろしくお願い致します
  • ソニー坊や 2022-02-21 at 20:16 on PRS-2121 / SS-2121 1983年1月たくあんたろうさん ソニーファンには良い人しかいませんので、コメント承認機能はいらないのでOFFにしています。 そのため、コメントは即座に反映しまして、一時スパムコメントが出てしまいます。どうもすみません。 (URLリンク入りの場合のみ承認ステップがあります) SONY魂を見せてくださってありがとうございます!
  • たくあんたろう 2022-02-20 at 22:26 on PRS-2121 / SS-2121 1983年1月Could you just delete the comment? Cause this is not a place where you write your stupid clickbait link. We're...
  • GON-HK 2022-02-20 at 09:17 on WM-D6C / WM-DC2 1984年2月自分は逆によく+¥4000で納まったなあって思った反面、正直云うとヘッドはS&Fヘッドでもいいのでは?って。 というのも、アモルファスのほうが優れているとはメーカーは云うが、実際の処本当にどっちの方が耐摩耗性に 優れていたのかなあ・・・って少し疑問には思っていた。この頃丁度カセットデッキにK666ESを使っていたのだが 1年半毎にヘッド交換をする羽目になってしまい、本当にスペック通りの話なのか?って思っていたからね。 一応1000時間以上は保つとは云ってはいたが、実際にそこまで使っていたかとは思えなかったし。 あっ、何だかんだ云っても別記にてD6Cは持っているとは云ってますが、実はこちらもヘッドは1回交換済み。 (店頭展示品での購入だったため、その際に片側不安定だったことに気づき交換後に購入ということとなった。)
  • GON-HK 2022-02-13 at 16:31 on BVW-1 1982年「現場の声を技術屋は知らない。いや、知ろうとしない。」 こう云われてしまっている感が滲み出ているような・・・ 業務用/一般用の違いはあるにせよ自分も一応技術屋だった者でしたから、何か身につまされる思いです。
  • ソニー坊や 2022-02-13 at 12:14 on CCD-V900 / EV-S900 1989年10月EV-S800はインシュレーターを履かせると、その位置がやや外側で見た目のバランスが悪いなあと思ってましたが、S900は内寄りになったのでいい感じに見えます。色味もブラックじゃなく濃いめのシルバーなのも良い!そもそもパネル高8cmの機器はすべて好きなんですよね。
  • ソニー坊や 2022-02-13 at 00:30 on BVW-1 1982年先進性とかっこよさの裏には、初物ならではの不具合などがあったのですね・・・ということは実際に運用され、今も素材として蓄積されているのはSPになってからのものだと考えたらよいのでしょうか・・・
  • 田阪友隆 2022-02-07 at 11:14 on BVW-1 1982年BVW-1Nでは苦労しました。まず、色再現ができない!P感でも唇の色が紫でした。感度もひどかった!暗いと全く映らない。何よりも機械的なトラブルが多く、現場で立ち往生、肝心のニュースが撮れないこともありました。この時代にNHKの報道カメラマンだったものは異口同音にひどいカメラだったと言います。このカメラ、実はSONY主導ではなくNHK技術局主導でした。SONYの技術陣は市場に出したくなかったのをNHK技術局が「報道で使うのだからこの程度でいいだろう」と言う考えで導入しました。私の知る限り、民放でこれえを使ったのは岡山のローカル局OHKだけだったと思います。
  • GON-HK 2022-02-01 at 21:28 on コンパクトディスクプレーヤー 1988年11月CDプレーヤーのD/A変換における所謂「マルチビット/1ビット論争」が起きたのって丁度この頃だったかな。 どちらの方が変換性能が良いのかという話なんだけれども、ソニーがこの頃その過渡期だったというのも X7を出しつつ557を継続販売したのが、それを物語っているかなと。現にDAC内蔵型のアンプ(F505ESD)に ついては先行して1ビット型にしていたところもあったわけだし。何となく様子見だったところもあった?
  • 匿名 2022-01-31 at 20:59 on BVW-1 1982年BVW-1は単管式のカメラだったと記憶しています。 BVW-1にはNHK仕様のものがあって、BVW-1Nというカメラだったと記憶しています。 単管ですのでレジ合わせは不要ですが、色再現が悪く1980年代に淘汰された機器でした。
  • GON-HK 2022-01-28 at 12:52 on 薄型トランジスタラジオ 1981年3月幼少の頃、P4-5に挙がっている3機種(ICF-10,S7,M7B)で迷ったことがあり、当時はFMはあまり聴かなかったなあということで 10が消え、結局物珍しさでM7Bにした覚えが。暫くは使っていたけれど、ラジカセを購入してからは所謂タンスの肥やし状態に。 で、電池を抜かずに放置していたこともあって結局液漏れでダメにしてしまった・・・。今あったら貴重だったなあ。
  • ソニー坊や 2022-01-27 at 19:44 on TC / CF / TR / CB 1980年5月見ました!こんな写真があったのですね・・・本体に増設されているのはRCAジャックLRに見えます。ステレオ標準ジャックだと奥行が必要になるからでしょうか。密閉型ヘッドホンはまだステレオ標準プラグのみの時代ですね。
  • GON-HK 2022-01-23 at 17:13 on TC / CF / TR / CB 1980年5月初代ウォークマン(TPS-L2)はプレスマン(TCM-100)をベースにした話っていうのは本当です。 参考までにこれの第2話の写真に注目。>https://www.sony.com/ja/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-05.html
  • ソニー坊や 2022-01-20 at 20:17 on SL-J9 1980年7月モデルチェンジ情報にこころがグサッとくるのはもう宿命ですね・・・F11からHF77へのモデルチェンジの時が一番差があったのかなと思います。やはりベータハイファイは大きいです。なので匿名さんは全然大丈夫!
  • 匿名 2022-01-20 at 12:38 on SL-J9 1980年7月初めまして 懐かしく拝見しました 80年代半ば頃までのテレビ、ビデオ、ラジカセなど所有していたソニー製品の取り扱い説明書は上質な光沢紙を使った フルカラー印刷の豪華な冊子でしたね 説明書、カタログともに廃棄してしまったのを後悔中 我が家初のビデオJ7のカタログどなたかお持ちではありませんか ベータといえばSL-J7購入→数か月後Sl-J9発表 ベータプロHF-900MKⅡ購入→数か月後Sl-HF3000発表のほろ苦い思い出
  • coji 2022-01-18 at 15:16 on SL-F7 / SL-F11 1982年9月F7が家にあったけど壊れたまま修理に出さずにVHSに移行しちゃったな 実家にまだあるかもしれない
  • SUI 2022-01-16 at 00:02 on Super Metal Master 1993年9月これを見ると感動します。憧れのテープ、今高すぎるかえなくなり、残念です。
  • ソニー坊や 2022-01-15 at 09:41 on DIGIC Vol.6お褒めの言葉をいただきありがとうございます。もしソニービルの近所に住んでいたなら、毎日行ってカタログをもれなく収集できるのになぁ~と、子供だった私はいつも思ってました。そしてES Reviewを読んで「標本化周波数とは」とか言いつつ、通になった気分でした。 これからも時折、ソニー坊やとともにタイムスリップしてみてください!
  • ソニー坊や 2022-01-15 at 09:25 on スピーカーシステム 1982年10月そうですね、私もやはり機能が優先になり、スピーカーは優先度が低くなってしまいます。よくわかります。G7をご覧になったのですか、幅50cmで高さ95cm・・・確かにデカいですね。G4でも良いので持ってみたかったです。ちなみにAPM-33Wは私の同級生が今も所有していまして、やはりエッジはボロボロだそうです。
  • 松下 寿夫 2022-01-12 at 19:18 on DIGIC Vol.6懐かしく楽しく数々の資料を見せてもらいました。 ありがとうございます。 これらを残してスキャンしてレイアウト、文章を添えて公開。 見事です。 ES Reviewは1970年代から大阪梅田ソニーショールームやらソニーショップで もらい読んだ覚えがあります。今の開発ブログですよね。知らないことだらけで 雑誌とは違う情報があり通になった気分でした。 その後東京に出稼ぎに行き、夜締まりかけの銀座のショールーム音階階段を登り各階チェックしました。 ソニー坊やくんの資料に載っているものが私にとってのワクワクしたソニーです。 本当にありがとうございます。
  • mirino 2022-01-10 at 23:40 on スピーカーシステム 1982年10月懐かしいスピーカーがいっぱいです。 高校に入るときに、セッション500 相当のシステムを組もうと、 TA-AX500 PS-LX500 TC-FX600 これに、本来はSS-RX5のはずですが、予算の都合でSS-RX3にしました。 ウーファーのエッジがボロボロになって、捨ててしまいました。修理できるものとは知りませんでした。 本当はAPM-33Wがめちゃ欲しかったです。 知人の家で、G7を見たことがあります。とても大きなスピーカーでした。懐かしいです。
  • ソニー坊や 2021-12-27 at 20:11 on SLV-7 / SLV-P3 1988年7月VHSデッキが必要だとしても、それまではビクターなりナショナルなりを買うしかなかったわけですから、喜んだ人は多かったでしょう。即購入されたということで、ソニー坊や賞を贈ります!!!景品はありませんけども(笑)。
  • ソニーファン 2021-12-26 at 18:51 on SLV-7 / SLV-P3 1988年7月ソニーファンして即、買いました~。 懐かしい一機です。
  • ソニー坊や 2021-12-26 at 10:11 on THE SESSSION22 1982年4月おぉ!FX600だったのですか、FXシリーズの正に絶頂期のモデルですね、この後はESシリーズがメインになって、FX系はおもちゃ化していきました。そしてカセットテープ。性能もさることながら、ソニーのは見た目がカッコよいんですよね。まあ友人との間でいろいろと議論はありましたけど、それも面白かったなぁ。
  • GON-HK 2021-12-26 at 09:58 on TC-FX1010 1981年11月この頃にあった操作系が殆どボタンの”THE SESSION 5”と合わせようと思えば何とか・・・でも、別の意味で浮いてしまう? このデッキをみて、ふと思い出したことが。BIAS/EQの自動キャリブレーションに関して、他のメーカーは割と上位機種に 採用してきたのに対し、ソニーの場合は先にも後にもこのFX1010のみだった気が。
  • おとうさる 2021-12-24 at 20:50 on THE SESSSION22 1982年4月おとうさるです。返信ありがとうございます。 希少価値のある古いカタログの数々、ビックリです。カセットデッキもこのサイトで調べさせてもらったら、カタログにありました!スゴいですね~機種はTC-FX600というものでした。 システムコンポは安物のエントリーモデルなのに、何故かカセットデッキは中級グレードの物だったようです。 高級モデルのTC-K333,555,777ESが当時憧れでしたが… カセットテープも全てSONY、筋金入りのSONYファンでした(^_^ゞ
  • ソニー坊や 2021-12-23 at 23:16 on THE SESSSION22 1982年4月ほっころコメントをありがとうございます。 うちも兄弟でお年玉を出し合って、足りない分は親父が出し、サウンドセンサーSF GR-1+TC-FX5を購入しました。SESSION22とほぼ同じ感じのグレードですのでとても共感!そう、グレードが低めなので、買った瞬間から次のグレードアップを考えているという・・・正に二度美味しいってやつですね。ところでカセットデッキは何だったのでしょう、気になります~
  • おとうさるさん 2021-12-22 at 21:19 on THE SESSSION22 1982年4月これは40年近く前、高校生になったばかりの頃に貯金全てはたいて買いました!つい最近まで実家にあったけど(オリジナルのまま残ってたのはラック、レコードプレイヤー、スピーカーのみ。アンプやチューナーは以後にアップグレードして別物になってました)不要品処分で出してしまいました。 購入時に貯金では予算が足りなくて、後からSONYのカセットデッキを今は亡き親から買ってもらったのも懐かしい思い出です。
  • ソニー坊や 2021-12-14 at 21:46 on カセットデッキ 1980年4月確かにそんな感じです・・・手元にErkanさんからいただいているオランダ版1977オーディオカタログがあるので見てみましたが、DOLBY-NR搭載のカセットデッキにもれなくSDがついていて、搭載のないモデルにはSDがありません。せっかくなのでそのカタログは近々UPしますね。
  • ys50 2021-12-14 at 20:46 on カセットデッキ 1980年4月TC-3000SDの"SD"ですが,何の略かは不明ですが(Subsuming Dolby-system ?),Dolby NRが搭載されたテープコーダーに"SD"が付されるようです.ほかにはTC-2850SDなど.
  • ソニー坊や 2021-12-11 at 14:01 on カセットデッキ 1980年4月テープの個性に合わせて好みの音にしてちょうだい!っていう使い方もあるのかなと思いました。 仙台って地名のですか!なんかマニアックですね・・・
  • ソニー坊や 2021-12-11 at 13:54 on Liberty 1987年9月何度も眺めて「いいなぁ」って言ってた時代、良かったですよね。ほっこりします。コメントありがとうございます!そういえばこのカタログって常にアクセス数が一番なんです。ほんとすごいかもしれません。
  • GON-HK 2021-12-11 at 09:25 on カセットデッキ 1980年4月BIAS/EQの独立切換式セレクターに関しては、fe-CrポジションのないデッキではでBIASをノーマル、 EQを70μs(クローム)にして使う(要は高域上がりを抑える)方法が示唆されていたとかいないとか。 でも、ソニーのはfe-Crポジションもあるから意味あるの?って思うけれど・・・ ノーマルポジションテープの高性能化における高域上がり抑制の最終手段(荒技)? ところでふと思ったのだけれども”SD”の意味って、まさか・・・仙台(SenDai)設計・企画の意味?
  • K Fujita 2021-12-10 at 23:38 on Liberty 1987年9月LBT-V715を10代の時期に使っていました。 スピーカーは今でも使っていますが、本体の姿やカタログがとても懐かしかったです。 17歳でカタログを繰り返し見ていた時の事を鮮明に思い出すことができました。 アップしていただき、ありがとうございました。
  • GON-HK 2021-12-05 at 17:49 on Super Metal Master 1993年9月そのECM-979ですが、マイクロフォン総合カタログの1988/9版に掲載されてます。ただこのマイク ちょっと変わってましてカタログにも記されているように筐体を縦にして使わなければならないので、 指向性設定つまみの位置によっては自分の声を拾いかねないという代物です。 そういうこともあってかどうかは定かではないですが、ディスコンになった頃に 偶々店頭展示品があったのを入手した形です。ちなみにこの後継機種(というより最終版?)の ECM-999は979の付属ケーブルが標準プラグからキャノンコネクターに変わっただけのものだとか。
  • ソニー坊や 2021-12-05 at 16:00 on Super Metal Master 1993年9月ECM-979ってちょっと知りませんでしたが、なかなか大きいですね。私は959というのをライブ録音に使っていました。25,000円くらいだったかな。なかなか良かったですけど自転車に置き忘れて盗られました(笑)。 WM-D6C!十分です。名機ぞろいですね。
  • GON-HK 2021-12-05 at 09:51 on Super Metal Master 1993年9月(写真が示すとおりに)テープはある! マイクも一応ECM-979があるので問題なし! あとはTC-D5Mだが・・・ 残念ながら手元にないので、代わりにWM-D6Cじゃダメかなあ?
  • ソニー坊や 2021-12-04 at 21:10 on DSC-10 1985年2月Ohノー!DSC-1024・・・知りませんでした。大分薄いですね、いつ頃の製品でしょう。Webに載っている位ですのでそんなには古くないですね。
  • ソニー坊や 2021-12-04 at 21:03 on ES Review Vol.44Please translate below. コメントありがとうございます。手持ちの資料はすべて掲載しています。ESPRIT,ES製品の記事は、他の資料にもちょくちょく出ていますので見てみてください。ES Review Vol.53にTA-N902とAPM-4があります。
  • nyo 2021-12-04 at 20:50 on DSC-10 1985年2月実は業務用でDSC-1024/1024HDが出ていました。価格はそれなりでしたが。 https://www.sony.jp/pro-monitor/products/DSC-1024HD/
  • Benedict Smith 2021-12-04 at 20:18 on ES Review Vol.44This is fantastic. Thank you so much for sharing. Do you have any of more information on the ESPRIT series...
  • ソニー坊や 2021-12-04 at 19:56 on TA-AX8 / TA-AX7 1980年12月重大インシデント!なので現行機種でほぼ同じ価格の製品と交換というわけですね。実質はめちゃくちゃランクUP! まあでも昭和の電気製品って、煙が出ること結構ありましたよね。
  • 6758 2021-12-04 at 18:48 on TA-AX8 / TA-AX7 1980年12月古い話ですが TA-AX7 使用中 基盤のパーツか ぼぁっっと 発煙 修理に出したら 333esxと 無償交換で 修理対応に なりました
  • GON-HK 2021-12-02 at 21:41 on CFS-F40 / CFS-F70 1981年11月当時、あと半年早く出ていたら迷っていたかもしれなかった機種。迷いに迷って結局自分が選んだのはSK-900(パイオニア)。
  • GON-HK 2021-11-27 at 14:44 on SL-HF3000 1986年10月カタログ見ていて、いやあ~本当に欲しかったって思わせたぐらいのビデオデッキ。普通、開発部署のコメントを しかも1ページ丸ごと載せます? 数行載せることはあっても流石にここまでは無かったかと思ったわけでして。 あと文中にもありますが”Super Hi-Band 6.0MHz βIs”の文字。普通ならシールか筐体印刷になるのを これを敢えてプレートにするところが「精魂込めて作りました!」と云わんばかりに何とも誇らしげで・・・
  • GON-HK 2021-11-27 at 14:21 on プレーヤーシステム 1984年1月X555ES使ってました。 丁度この頃って松下のSL-10が好評だったのもあって、結構リニアトラッキングアームの製品が多かったかと。 何か琴線をくすぐるところがあるというか・・・特にアームの動きが。またダストカバーを閉めた状態(楔形?)のフォルムがどことなく 近未来的な要素もあったかと。
  • GON-HK 2021-11-25 at 22:47 on DIGIC Vol.7実は自分、写真の製品では無いのですが、一時期(1994~2004)ソニー関連の業務(開発/設計)をしていたことがありまして、 内半分がカーオーディオだったのですよ。しかも、殆どがパネルの設計。無論青色LED版もありましたが。(苦笑) 自分が言うのも何ですが、確かに青色LED版は見づらいとの不評(特にデザイナーからは)はかってました。 構造設計者ともせめぎ合いながら、まあ何とかGOサインをもらったのも今となってはいい思い出かな。 追伸:文中内に書いてありましたEDC-50の件、近日中に送付します。
  • ソニー坊や 2021-11-21 at 08:14 on TC-K555ESX 取扱説明書コメントありがとうございます!お役に立てましたでしょうか。
  • ソニー坊や 2021-11-21 at 08:11 on THE SESSION 1981年5月僕もエンダーさんと全く同じですよ。モデルチェンジやラインナップの追加もあったりして、カタログだけでも十分楽しかったですね。
  • ソニー坊や 2021-11-21 at 08:07 on LDP-150 / LDP-250CD 1984年10月なんと開発者の方からコメントいただくとは・・・光栄です! 世界のソニーを築くのに貢献してくださってありがとうございました。 SONYがVHD陣営に入らなくて良かったと当時うれしく思っていました。やっぱりレーザーですよね。
  • 2704_hide 2021-11-20 at 15:44 on TC-K555ESX 取扱説明書ありがとうございます。
  • エンダー 2021-11-20 at 09:35 on THE SESSION 1981年5月中学生時代に憧れて、電気屋さんでカタログ集めて、毎日のように眺めてました、良い時代でしたね
  • 河野壮美 2021-11-17 at 14:59 on LDP-150 / LDP-250CD 1984年10月LDP-150の開発に携わった者として懐かしいです。 1984年当初ソニーは8ミリビデオのファミリーを増やすべく 経営トップが突然パイオニアからレーザーディスクをOEMで 供給して貰うからデザインしろと、内密で打ち合わせは埼玉県の パイオニア開発部署に出向き、パイオニアはソニーから 8ミリビデオを供給する不思議なバーターでした!
  • ソニー坊や 2021-11-15 at 20:47 on ステレオカートリッジ 1983年10月コメントありがとうございます! 1985年のカートリッジカタログですと、それはもう最終版と言っても良いくらいですね。 今のところ、画像ファイルやPDFをメールで送ってくださっています。 デジカメやスマホで写真を撮ったり、もしスキャナをお持ちでしたらスキャンした物を 管理人宛にメール添付で送っていただければうれしいです。 画像サイズなどを適宜調整して掲載させていただきます。 綺麗に撮れなくても大丈夫です。 ★管理人への連絡先はこちら★の部分をクリックしてもらいますと出てきます。"アットマーク"は@に置き換えてください。
  • GON-HK 2021-11-13 at 18:14 on ステレオカートリッジ 1983年10月初めまして。文中にありましたカタログに関してですが、当方その後に発行したもの(1985年11月版)を所有しています。内容を大まかに云いますと、従来のXLシリーズとXL-MC/MMシリーズをひとまとめにした形で、新たにXL-MC7,9が追加されたものです。宜しければ何らかの形にて送ります。
  • ソニー坊や 2021-10-24 at 10:32 on DATウォークマン 1996年2月UF120とは当ブログでも掲載しているSONYクッキングデッキのことですか? 使用されている方がまさかいらっしゃるとは・・・驚きました。 そうですか、故障してしまいましたか。それにしても36年前?の製品ですよ、奇跡です。 マニアックなDATウォークマンもお持ちだったということで、ここにソニー坊や賞を贈ります!
  • M 2021-10-20 at 19:42 on DATウォークマン 1996年2月懐かしいパンフレットありがとうございます。電磁調理器のUF120が今日(2021-10-20)壊れました。1885年ごろ購入したと思います。またTCD-D8,WMD-TD1も持っていました。これらは2010年以前に壊れたと思います。
  • ソニー坊や 2021-10-09 at 06:55 on PT-D3 1981年11月なるほど、解除も007ですか。ありがとうございます。 なんとまあ・・・まだ使っていらっしゃるとは驚きです。 PT-D3、欲しかった一台です。
  • ys50 2021-10-09 at 00:54 on PT-D3 1981年11月このタイマー、現在も現役で使っています。 007のキーロックですが、アンロックも007です。 勝手に設定を変えられないようにするというよりは、うっかりキーを触って設定などが変わらないようにする機能でしょう。