テープ」カテゴリーアーカイブ

UX Master 1987年4月

Highポジションの最高峰、UX Masterです。   Metal Masterのハイポジション版ですね。   2000ガウスという点ではUX-PROと同一です。性能比較もUX-Sと比べていますので… 続きを読む »

NEW HF-S 1987年2月

HF-Sがモデルチェンジです。50円安くなりました。 旧モデルは細ハブでしたが、今回は太ハブに変わりました。テープエンド検出に対応した細ハブ仕様のカセットはHFだけになってしまいました。 あ、よく見ますとHFもモデルチェ… 続きを読む »

HF-S 1984年1月

見つからなかったHF-Sが出てきました。UX Masterの中に隠れてました。   一番好きな色です。実際にたくさん買いました。

Metal Master 1986年11月

「必要以上の音かもしれない。」 Metal-ESの登場からちょうど3年。まったく想像もしなかった、フルセラミックのカセットテープが現れました。 磁束密度は3600でMetal-ESと同じですがMOLは向上しているようです… 続きを読む »

Sony Audio & Video Cassette 1986年5月

カセットテープの総合カタログです。なかなかしっかり開いてくれないので綺麗に撮れなくてごめんなさいね。   ハイポジションのDo。外装は独特ですが、カセット自体は同じデザインですね。   HF-XとHF… 続きを読む »

UX 1986年6月

UX3兄弟の末っ子。1650ガウス。HF-ESより下回ります。   文字の色がMetal-Sと同じですね。

NEW HF-ES 1986年5月

旧HF-ESに比べて、大きな性能向上は無いのかな?どうなんでしょう・・ カセットハーフの文字色がパープルに変わりました。  

UX-S 1986年2月

UX-PROが磁束密度2000ガウス、このUX-Sは1800ですから、下位モデルということになります。 Metal-ESとMetal-Sみたいな関係ですね。 ちなみにMetal-ESは3600ガウスでした。流石です。

HF-X 1985年10月

緑のパッケージでお馴染みのHF-Sがマイナーチェンジです。 磁束密度で比較すると、HF-PRO/HF-ESが1750ガウス、HF-X/HF-Sが1550ガウスです。  

UX-PRO 1985年10月

「かつてソニーのUCX-Sが樹立した記録を更新するUX-PRO」 HF-PROのハイポジション版です。 「そこには、強大なエネルギーが残った。」 ぐっときますね。