DSR-PD150 2000年

投稿者: | 2022-11-19


BETACAMSX707さんよりカタログ画像を頂きました。ありがとうございます。

 


DCR-VX2000の業務用版が、1.5倍のテープ速度でエラーに強いDVCAMフォーマットで登場です。
60分のDVカセットなら42分の録再になりますが、DVモードにも切り替えられます。もちろんDVCAMカセット+DVCAMモードが推奨ですね。

DVとDVCAMではPCM音声記録に違いがありました。DVは48KHzで1CHだけですが、DVCAMは32KHzで2CHあるのでアフレコができます。

訂正です。
DVCAM
48k/16bitでは2ch記録、
32k/12bitでは4ch(但しカメラ記録時・2ch、アフレコ時・2ch)

また、DVCAMモードでは音声データがフレーム間で跨らないので編集時に都合が良いとか聞いたような気がするのですが・・・自信は無いです。

 


VX2000との違いは多々ありますが、個人的に良かったのはビューファインダーが白黒なのでピントが見やすいことと、停止状態で自動電源OFFにならないので単にカメラとして使ってVHSに長時間録画したり、PCとi-LinkでつなげてWebカメラとして使えたことです。

 


型番の話。8ミリビデオの時は、カムコーダーは単体CCDカメラと同じCCD-~、据え置きの場合はEV-~となり、何で?ってなりましたが、DVカムコーダーの場合はDCR-~、据え置き型はDHR-~と、それぞれ専用の型番になって判りやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。