TA-F555ES / ST-S555ES 1982年10月

投稿者: | 1982-10-01

「いつまでも色あせることのない普遍の価値を。ソニーExtreme High Standard。」


ESシリーズの記念すべき初代アンプ・チューナー。5シリーズで登場。CDP-101と同時期に発売されました。

 


TA-F555ES 99,000円。機能面、インターフェース面では極めて普通の作りです。

 


ST-S555ES、65,000円。FM専用機です。メモリープリセット、4局プログラムなど少し前のST-JX5のユーザーインターフェースを継承しているように思えます。

大型蛍光ディスプレイがかっこいいです。今ならカラー液晶になるところでしょうが、私はFL管の方が好きですね。受信レベル表示は10段階。

「2色用意された局名表示シート」、黒とグレーが選べます。グレーをセットしたらどんな雰囲気になるでしょう。

ちょっと疑問。なぜJ555ESでなく、S555ESになったのでしょう。分かる方いらっしゃったらお教えください。もしかしたら、FM専用だから変えたのかな。

 

 

 

コメントを残す