SL-J10 1981年8月

投稿者: | 2021-11-02


簡単ビデオのJ10が登場です。J1の後継機と考えて良いでしょう。

 


初のフロントローディングを採用。

 


158,000円という低価格を実現するため、機能は絞られています。

・録画予約は曜日指定なし、時刻のみの1プログラムでチャンネルはメカニカル式
・14Pカメラ端子を非搭載
・録画時間切り替え(βII、βIII)スイッチは裏面なので実質上は固定
・操作ボタン部のインジケータは再生と一時停止のみ
・リモコンRM-71はワイヤード、ピクチャーサーチと一時停止のみ

BNRスイッチが見当たりません。SONYロゴは別パーツではなく、印刷になりました。

J9と比較すると確かに簡単に操作を覚えられそうです。
テープ操作ボタンの配置もカセットデッキのような配列で新鮮ですね。

 


小型のテレビなら上に載せられるようになりました。

SL-J10 1981年8月」への2件のフィードバック

  1. ルート246

    J10はビデオ事業部ではなく、オーディオ事業部で設計されたため、何と勝手に音声のイコライザー特性を変えてしまったので、J10で録画再生している分には良いのですが、他のベータマックスで録画したテープを再生すると、音がこもってしまうという飛んでもない問題を孕んでいたそうです。

    返信
    1. たか

      J10のテレビCMに使われていた曲のタイトルと演奏者名をご存知ないでしょうか。
      テケテケテケというエレキギターによるサーフィンサウンドでした。
      CMの画面には、アイドルの能瀬慶子さんが微笑んでいました。
      40年以上前のJ10のCMをyoutubeで視聴できる時代になりましたが、曲のタイトルと演奏者名は未だに謎のままです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。