カーステレオ 1984年9月

投稿者: | 2021-11-02



カーステレオに待望のCDプレーヤーが追加されました。

 




CDプレーヤー単体タイプのCDX-5:99,800円。
DINサイズの採用は、CDの搭載に当たってはサイズ的に必須だったわけですね。

 


こちらはチューナー内蔵タイプのCDX-R7:138,000円。高い!
1/2DINサイズのチューナーユニットが別体でついてきます。

 


さて、CDプレーヤーと統一デザインのカセットデッキも新登場。XK-700。据え置き型デッキのようなレベルメーターを搭載。ビジュアルを重視してきました。これはかっこいい!

 


中核デッキのXK-500。3バンドイコライザーとスペアナを搭載。
そして1/2DINサイズのパワーアンプ、XM-500。

 


イコライザーもラインアップ。XE-500。XM-500とXE-500を重ねればちょうど1DINになるので、ついつい買ってしまいそうです。

 


カセットデッキの最廉価版は、XK-500からDOLBY-B NRを省いたXK-300。これでもAMSやフェザータッチオペレーション付きですから十分高性能です。

 


300シリーズからFM・AMチューナーのXT-300とグライコXE-300。なかなかのデザインです。

 


さあもう一番安く上げたい人はこれ!
アンプ内蔵デッキのXK-550。価格は52,800円。25W+25Wですし、機能面でも性能面でも見劣りは全くありません。

 


非DINサイズのメガコスモスシリーズも継続発売中です。

 


お馴染みとなりましたフィッティング例のコーナー。
DINサイズの新モデルを新トヨタ車に搭載する場合については、遂にキットが不要になりました!
トヨタ車以外は相変わらずキットが必要となっています。

しかしいつも思うのですが、「マークII・チェイサー・クレスタ(57/11~)」(X60系)のコンソールのデザインが一番スマートで好きです。

カーステレオ 1984年9月」への1件のフィードバック

  1. ルート246

    カーCD のディスク引き込み口は2本のローラーが回転してディスクを取り込むのですが、CD の表面を傷つけないように、ローラーの両端が太く、真ん中が細くなっていて、常にディスクの円周部だけに触れるような工夫が施されていました。
    決してハイテク技術ではありませんが、エンジニアの知恵ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。