Video8 / VHS」カテゴリーアーカイブ

CCD-V8AFII 1986年7月

CCD-V8AFにマクロ機構を追加搭載し、価格は50,000円ダウンしたCCD-V8AFIIが登場。   テープ操作パネルの色が黒からシルバーに変わっています。  

CCD-M10 / EV-A80 / EV-P10 1986年6月

CCD-M8のマイナーチェンジモデル。前回は愛称はありませんでしたが今回は「ハンディカム」という愛称が付きました。 据え置き型のこちらのモデルの愛称はなんと「ウェルカム」。 EV-P10は再生専用機。  

CCD-V8AF 1985年10月

CCD-V8にオートフォーカスを搭載。 カタログタイトルは遂に「コンパクトビデオ」から「8ミリビデオ」に変わりました。   当時気になった点が型番です。8ミリビデオですからEV~としても良いのに、此奴はCCD~… 続きを読む »

EV-A300 1985年6月

タイトルにはまだ「コンパクトビデオ」とありますが・・・ 「8ミリビデオ」という名称が出てきました。   初の据え置き型が登場。コンパクトさを訴求したいためか、リバティサイズの横355mmで作ってきました。 カセ… 続きを読む »

EV-S700 1985年6月

通常のVideo8は映像(AFM音声含む)+PCM2chですが、本機は映像エリアにPCM2chを5セット記録でき、合計6トラック使用できるのです。   とは言いましても、所詮は8ビット・31.5KHzですので・… 続きを読む »

CCD-V8 1985年1月

映像機器も1985年に入りました。トップバッターはこちら。 気合がこめられた、厚紙仕様のカタログ。 一般に良く呼ばれた名称は「8ミリビデオ」だったと記憶していますが、表紙では「コンパクトビデオ」となっています。「Vide… 続きを読む »