■映像機器」カテゴリーアーカイブ

GCS-50 1985年

GCS-1と同時発売のハイバンドベータ電子編集機です。宣伝用ビデオや社内広報ビデオなど、これでじゃんじゃん作ってください。 専用の編集コントローラはRM-E50。 この白基調のデザインはDSR-45などのDVCAMやVH… 続きを読む »

GCS-1 1985年

業務用のベータムービーです。   ハイバンド対応でBMC-500とほぼ同じ様ですが・・・ BMC-500の268,000円に対して、280,000円。あまり変わりませんね。 オートフォーカスを省いた分、ビューフ… 続きを読む »

CCD-V8AF 1985年10月

CCD-V8にオートフォーカスを搭載。 カタログタイトルは遂に「コンパクトビデオ」から「8ミリビデオ」に変わりました。   当時気になった点が型番です。8ミリビデオですからEV~としても良いのに、此奴はCCD~… 続きを読む »

EV-S700 1985年6月

通常のVideo8は映像(AFM音声含む)+PCM2chですが、本機は映像エリアにPCM2chを5セット記録でき、合計6トラック使用できるのです。   とは言いましても、所詮は8ビット・31.5KHzですので・… 続きを読む »

EV-A300 1985年6月

タイトルにはまだ「コンパクトビデオ」とありますが・・・ 「8ミリビデオ」という名称が出てきました。   初の据え置き型が登場。コンパクトさを訴求したいためか、リバティサイズの横355mmで作ってきました。 カセ… 続きを読む »

DSC-10 1985年2月

走査線を倍に、インターレースからノンインターレースへ変換します。情報量が増えるわけではありませんが、チラツキは無くなりコントラストも上がるでしょう。見ては見たいけれど何せ220,000円ですからね・・・さらにマルチスキャ… 続きを読む »