SL-8100 昭和52年3月

投稿者: | 2018-12-15

当ブログのベータマックス第一弾はこちらです。

 


愛称は「ベータマックスX2」。標準よりもテープスピードを1/2に落として記録時間を2倍にしたということです。βI、βIIのことだと思われますが、この頃はX1、X2と呼んでいたのですね・・・
電源スイッチ、チャンネルダイアル、録画ボタンにそれぞれ操作順を示すためか、1,2,3とオレンジのシールが貼ってありますけど・・・なんだか購入者が自分で貼ったみたいなシールです。

 


ビデオカセットのケースですが、なかなか渋くてモダンなデザインです。L-500とL-250の二種類のみ。
本体のスイッチ類は非常に少なく、シンプルです。テープ操作キー以外はトラッキングつまみ、テープカウンター位です。

 


予約録画のためのタイマーは別売りですよ。


ビデオカメラは白黒です。何というレトロなデザインでしょう・・・主流だった8ミリカメラからの流れでしょうか。
ソニーもテレビアンテナを販売していたのは知りませんでした。