Liberty 総合カタログ 1987年9月

投稿者: | 2018-11-10


APMスピーカーは無くなってしまったのでしょうか。
パネル前面に曲面が取り入れられてモダンな感じがしますが・・・古い私はちょっと違和感があるかな・・・

 


XO-V515。CDプレーヤーを含んだ1セットで99,800円(レコードプレーヤーは別)。
この価格でこの性能、このかっこよさですからかなり気合が入った製品だと思います。

 


そして上位機のLBT-V715です。181個のすべてのキーが列挙してあります。面白いですね。

 


電源スイッチが個別に存在するものがLBTで、完全一体制御なのがXOなのでしょうか。
こちらもなかなかの高性能です。

 


V715からCDプレーヤーを除いて、好みの単体CDプレーヤーと組み合わせられるのがV815のようです。もちろんレコードプレーヤーと組み合わせてもOK。
アンプやチューナー、スピーカーは同一品です。
CDP-101と組み合わせてみたいです。


リバティではないですが、ミニコンポサイズのAVアンプ+マルチディスクプレーヤー+カセットデッキを組み合わせた、AVシステムです。
ラック内には、サイドウッドを装備したコンポ志向のハイバンドベータハイファイ、SL-HF501Dが鎮座しています。


「HF-501D」になっていますね。