カセットコーダー / ラジオカセット 総合カタログ 1984年9月

投稿者: | 2018-09-05


ウォークマンにかなり変化があります。今回は1ページずつ撮影してみました。


カセットケースサイズウォークマンがモデルチェンジしました。WM-30:24,000円。
3,000円ダウンしてかなり買いやすく。縦型デザインに戻り色も多くかなりおしゃれになりました。やっぱりウォークマンは縦型が良いですね。
付属のヘッドホンはNUDEタイプに変更されました。(MDR-E242)
単3電池一本で動作するのは凄いことだと改めて思います。

 


VHF/FM/AMラジオを内蔵したWM-F30も新発売。こちらは横型のまま。ヘッドホンは同じくMDR-E242。

 


カセットケースサイズでオートリバースを実現、WM-40:29,000円。別売りのカセット形チューナーパックを入れるとラジオも聞けます。なんかこういうの、カーステレオ用にもありましたね、ヘッドから信号を送り込むやつですよね。

 


WM-DDがプロフェッショナルシリーズとして復活!WM-DDII。
ブラックボディ+DOLBY NR-Bタイプが付きました。
お値段も安い、24,000円・・・と思ったらヘッドホンは付属しません。ヘアー・プロモニターを使いましょう。

 



TV音声対応(VHF)のラジカセシリーズが登場。CFS-V15、CFS-V10、CFS-V5。
懐かしい型番だなと思ったら、ZIPBAP-MX CFS-V3(1980)の続番ですね。
愛称は特に無いようです。

 


ダブルカセット機が勢揃い。

 


一世を風靡した懐かしのデザインです。各社みんな似たような感じでした。ダブルカセットとなると制約も多いですから仕方ないですね。

 



YOKOHAMAシリーズが縮小してきています。

 




カセットケースサイズのTCM-10は今回、正式にPRESSMANの名称をもらいました。

 



留守番コーダーに久々の新機種が登場。RS-22。