プレーヤーシステム 総合カタログ 昭和56年5月

投稿者: | 2018-06-17

バイオトレーサーはカッティングマシンの動きを目指していたのですね、なるほど。


PS-X800(150,000円)。カートリッジは別売。アームが水平に移動するリニアトラッキングはこの機種だけですね。
僕的にはX600のデザインが一番好きです。X600CはMMカートリッジXL-20が付属(65,000円)。

 


X800,600,500,X75がバイオトレーサー機。X500のみセミオート(リードインは手動&演奏終了時リターンのみ自動)。以降は非電動アームです。

 


LXシリーズはシステムコンポSESSION用、X75~はデザインからして旧世代ですね。そしてお決まりのESPRIT PS-B80とPS-X9。オーラがすごい。

 


裏表紙です。アーム+ターンテーブル+ターンテーブルベースと組み合わせるのもあるのですね。なるほど、だからカタログのタイトルは「レコードプレーヤー」でなく、「プレーヤーシステム」なんですね。。。昔から不思議に思っていましたが今になって解決しました!
ご視聴ありがとうございました。